辻村みちよ | Google Doodle 辻村みちよ生誕 133 周年

Date: September 16, 2021 Posted by: Rohit Gupta In: Google Doodle

辻村 みちよは、日本の農学者・日本初の女性農学博士。位階は従五位。茶カテキンを初めて分離するなど、緑茶の化学成分に関する研究で知られる.

日本の教育者で生化学者の辻村みちよさんと、緑茶の栄養上の利点に関する画期的な研究のおかげで、科学には答えがあります。 今日のDoodleは、辻村みちよさんの133歳の誕生日を祝います。

辻村みちよ

辻村みちよは誰ですか?

辻村みちよは、1888年に埼玉県桶川市で生まれました。 彼女は初期のキャリアで科学を教えていました。 1920年、彼女は北海道帝国大学で科学研究者になるという夢を追いかけ、そこで日本のカイコの栄養特性を分析し始めました。



緑茶中のカテキンの発見やタンニンの化学構造を決定するなど、傑出した研究成果を出す。これらの成果をまとめた論文によって、1932年(昭和7年)日本における女性農学博士第1号となった。戦後は、お茶の水女子大学や実践女子大学などで後進の指導・育成にあたりながら、晩年まで研究活動を続けた.

数年後、辻村は東京帝国大学に転校し、ビタミンB1の発見で有名な鈴木梅太郎博士と一緒に緑茶の生化学の研究を始めました。

Google Doodle 我が国初の女性農学博士 辻村みちよ

彼らの共同研究により、緑茶にはかなりの量のビタミンCが含まれていることが明らかになりました。これは、顕微鏡下で待ち望まれていた、緑茶に含まれる多くの未知の分子化合物の最初のものです。

1929年、彼女はお茶の苦い成分であるカテキンを分離しました。 そして翌年、彼女はさらに苦い化合物であるタンニンを分離しました。 これらの発見は、彼女が1932年に日本で最初の農学の女性医師として卒業したとき、彼女の博士論文「緑茶の化学成分について」の基礎を形成しました。

辻村博士は、研究以外にも、1950年に東京女子高等師範学校の初代家政学部長に就任した際に教育者としての歴史を築きました。現在、辻村博士の功績を称える石の記念碑があります。 桶川市出身。

はっpy びrthだy、 みちよ つじむら!

Source : wiki

Save on your Medicare need

Comments are currently closed.

Gse Mobiles Smartphones and Accessories




Subscribe Now for latest updates

Enter your email address:

Delivered by FeedBurner

Recent Posts

Categories